住宅ローンでお悩みの方へ!無料出張相談!群馬・埼玉・栃木・茨城・長野・福島

任意売却と競売のメリット or デメリット

売却方法 競売 任意売却
売却価格 市場価格の5~7割程度で売られてしまう 市場価格に近い金額
残る債務 多い 少ない
プライバシー 近隣に知られる可能性あり(競売情報、インターネット、新聞) 通常の不動産売買と変わらないため、売却理由はわからない
残りの債務の交渉 できない できる(柔軟に対応してもらえることが多い)
引越費用 捻出できない 債権者より捻出の可能性あり
明渡し日 落札者が決まるまで 話し合いによる(強制執行あり)
期間 長い(競売開始決定から早くて6か月前後。状況により) 短め(物件の状況にもよる)
精神的負担 多い 少ない

任意売却後の借金は?

任意売却の場合、住宅ローンの残り《残債・・・ざんさい》が生じますが、債権者《全融機関等》との交渉により、支払い可能な金額を月々支払うことが出来ます。

たとえば月に1万円~2万円を支払う方法があります。自己破産をすることが出来ない方は、これがもっとも良い方法と思われます。また、当方が金融機関に債務者様のご意向を伝えます。

住宅ローンの返済で困ったら、できるだけ早くご相談ください。早いご相談、行動で精神的にも経済的にも現在の状況より楽になることをお約束します。

住宅ローンの返済が困っても、これはしないで!

● カード会社から借入
カード会社を利用しての返済は一段と苦しくなってしまいます。
● 近親者からの借入
返せる予定があればいいのですが、迷惑をかけないためにも。
● 固定資産税の滞納
滞納があり差押がつきますと、スムーズに、任意売却が出来ない場合があります。
● 預金の取り崩し
将来的に返済困難が確実に解消される見込みでしたら問題ありませんが。
そうでなければ、後々の生活資金にとっておいてください。
● 自己破産
最終手段で任意売却後が良いと思います。
● 中途半端な返済
任意売却を行うには返済しないで後の生活準備資金としてとっておきましょう。
● 早い引越
早くに引越して余分な支出をふやさないで生活準備資金としてとっておきましょう。
また引越費用の捻出できる可能性があります。
Copyright 競売回避 無料出張 相談室 All Rights Reserved.