住宅ローンでお悩みの方へ!無料出張相談!群馬・埼玉・栃木・茨城・長野・福島

ごあいさつ

競売回避無料出張相談室では住宅ローンの返済でお悩みの方の相談を全力でおこなっております。相談者様には様々の事情でお悩みのことと思います。

相談したくてもどこに行けばよいのかわからない、相談費用はかけられない、また相談はしてみたものの適切なアドバイスを受けることができなかった。こんな時無料相談室をご利用ください。競売回避、任意売却の仕方などを詳しくご説明いたします。

一日でも早いお悩み解決と相談者様の幸せを願い活動しております。

不動産競売とは

債権回収のために裁判所にお願いして家を入札方式にて売却することです。住宅ローンを放置すると、債権者(金融機関、保証会社など)はお金を回収するために抵当権を設定した家を競売にかけます。

不動産競売の流れ

住宅ローンの返済が困難に
(滞納期間3~6か月)
期限の利益の喪失
契約通り月々返済してもらえないので残りの借金は一括返済を請求されます。
代位弁済、一括請求
連帯保証人になっている保証会社が相談者様の代わりに金融機関に返済。
保証会社は立て替え分と延滞金などの一括請求をしてきます。
競売開始決定、差押え
保証会社に返済できなければ、家についている抵当権を実行、裁判所に競売、差押えの申し立てを行ないます。
評価人による現況調査
裁判所より依頼を受けた評価人(不動産鑑定士など)が売却価格決定のための、占有状況の把握、建物状況の写真撮影を行いにきます、この写真や報告書が評価書になり一般に公開され入札参加者の価格決定の判断材料になります。入札参加者は物件を確認に訪れます、留守であれば近隣に所有者様の様子なども聞いてまわります。(入札参加者に室内を見せてと言われても断ってください。見せる必要はありません。)
配当要求終期の公告(競売になったことが掲示されます)
担保のついていない債権をもっていれば裁判所に申し出てくださいというA4の用紙が張り出されます、これが一般に公開される最初のもので、これを見ていろんな業者が訪れます。(おいしい話にはお気をつけ下さい、ありえません)
期間入札の公告
裁判所に3点セット(物件明細書・現況調査報告書・評価書)として公開される、インターネット、新聞などでも競売情報として広告に出される場合があります。売却基準価格もでます。(近隣の噂になってしまいます。)
期間入札の実施
入札がはじまります、入札参加者は希望価格を入札書に記入して売却基準価格の2割の保証金を裁判所に納め開札結果を待ちます。
開札期日
最高価買受申出人が決定します。
売却決定期日
最高価買受申出人に売却の許可又は不許可の決定がなされます。
代金納付
定められた期日までに代金を納付、競売不動産の所有権は買受人に移転します。
配当期日
売却代金が債権者にわたります。
明渡し
家を明け渡さなければなりません、明け渡さない場合は強制執行断行となります。 (明渡しを条件に金銭を要求しても現在ではもらえることは、期待できないでしょう。)

あなたの再出発を全力で応援します

競売情報をみて物件確認に行きますと、庭先には家財や子供用の自転車、おもちゃなどが置き去りになったお家をよくみかけます。

郵便受けには入りきらないほどの郵便物がたまっています。この家族はどこへ行ったのか、こっそりと家を後にしていったものか、いつも考えてしまいます。まだ購入して年月の浅い家もあります。家族で幸せに暮らすはずの家だったのに。

度重なる催促、競売開始決定、差押え等、所有様の心情を考えると心が痛みます。こんな方法もありますよとアドバイスできたかも、前向きな再出発のお手伝いが出来たのではとないかと思います。

ご相談者様が悩みから開放されて平穏な日々が迎えられることを心より願います。

Copyright 競売回避 無料出張 相談室 All Rights Reserved.